« 会社で本性のボロを出さないタメに | トップページ | ブログにBGM3つ付けてみました♪ »

2005年12月18日 (日)

ADHDと人からぞんざいに扱われない方法

社会犯罪学のひとつに『割れ窓』理論というのがあるそう。
割れた窓があると、犯罪の発生率が高くなるという理論。
割れた窓をそのままにしていると、人は、『ここは誰も見てない、放棄されている場所。』『だったら、ここで犯罪を起こしても大丈夫だろう』という思考回路となって、犯罪が起こりやすくなるそうだ。
壁の落書きも同じこと。
だから、NY は、犯罪率を低くするために、窓を葺き、落書きを消して回ったのだそう。
結果は劇的に犯罪率が減ったんだって。

ADHDが人からぞんざいに扱われるのを防ぐには、この割れ窓理論が効くかも、と思ったのだけど、どうかしら?
きちんとした格好をしていて、ハメをはずさなければ、人は、この人をぞんざいに扱ってよいとは思わずに、きちんと対応してくれないかしら。。。。
行動上のハメ外しや場の状況を読めないことについては、自分ではどうしようも出来ないかもしれないけれど、服装や見た目ならなんとか出来るんじゃないかしら。
女性のADHDにとっては、アクセサリーの管理や、服の色あわせ等は、非常に難しくて、普通の見た目にするだけでも、普通の人と比べて、本当に大変な作業なのだけどね。
でも、行動よりも、まだなんとか出来る余地が多い気がする。

ということで、姫の割れ窓作戦開始です。
まず、見た目をなんとかしなくちゃね。

« 会社で本性のボロを出さないタメに | トップページ | ブログにBGM3つ付けてみました♪ »

シリーズ:ADHDと」カテゴリの記事

コメント

見た目は本当に大事だと思う。でも、見た目にまで気を使うほど元気が出ないんだよな。
私の目標は電車の中で子供にじぃぃぃっと見つめられない「人間並み」の容姿になることです。

投稿: ぽて | 2005年12月18日 (日) 15時08分

>でも、見た目にまで気を使うほど元気が出ないんだよな。
まさにそのとおりです。。。。
私の目標は、近寄っても臭いと思われない様に、週2回風呂に入ること
上着を脱げるように、シャツにアイロンをかけることです。
温暖差が激しくても、上着が脱げないのは、暑くて湯だってしまうことがあります。
人に近づけないのは、、、、人としてどうかと思う
今日このごろです。(爆)

投稿: ねむねむ姫 | 2005年12月18日 (日) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADHDと人からぞんざいに扱われない方法:

« 会社で本性のボロを出さないタメに | トップページ | ブログにBGM3つ付けてみました♪ »