« 誓い:無難に無難にすごします! | トップページ | 夢占い当たりました。 »

2006年2月11日 (土)

恐ろしい夢

恐ろしい夢を見ました。
弟が繁華街の真ん中で洋服屋の店長として、部下を使っていて、おしゃれになっていて、薄い赤紫色のジーンズを買おうとした姫は、サイズが合わず、普通のジーンズを買おうとしたら、これを穿くには髪を直さなきゃと、弟の知り合いの格好いい人がいる美容室に行かされました。なぜか2回切りにいって、自分で気に入っていたのに、またまたなぜか短く切りに行かざるを得なくなって、でも、あの格好いい知り合いなら短くても姫に似合うように切ってくれるかもと、美容室に行ったら、全然下の若い女性の美容師さんで、姫の切りたくない意図を全然汲み取ってくれず、バサバサ切られみっともなくなりました。そして、折角苦労して仕上げて、前の方が似合ってたのにという、格好のよい人の話を聞き、それに同意する女性美容師に、姫は怒って、謝る女性美容師に、羽交い絞めして頭を攻撃する夢でした。
そして、続きが、、、姫は会社に居て、コピー機の前で上司に指示されて、他部に姫はAtomic Bombを戦闘機で落としに出撃しました。さて、迷いながら落下点に来たら、うまく作動しません。いくつか別の爆弾は落ちたのですが。良かった~これで、落とさなかった言い訳ができるわ、と管制官に報告して、自分の部に戻ったら、Atomic Bombを落とそうとした事実が会社にばれていて、他部の人はものすごく怒っている。ただ、その戦闘機に乗っていたのが姫だとは分かっていない。管制官は分かっていて、非難が集中している。姫達も集められ、管制官の話を上司から聞かされる。会社のTVでは、「管制官のミスで落とそうとされました」となっている。本当はもっと上から指示されたのに。でも、黙ってなくちゃ、と怖さに震えて黙ってる夢でした。
どういう意味なのか。恐ろしいです。
これから、会社です。。。。。

« 誓い:無難に無難にすごします! | トップページ | 夢占い当たりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐ろしい夢:

« 誓い:無難に無難にすごします! | トップページ | 夢占い当たりました。 »