« 2/2 部下が泣いてしまった。 | トップページ | 姫の子供のころの最後の砦 »

2006年2月 3日 (金)

神のおぼしめし?

落ち込んだ姫は、ショップチャンネルのスーツと、i-pod nano 4GIGAを買いました。
今日は眠れそうにないし、カウンセラー頼むと1週間かかるし、友人に話を聞いて欲しかったが、それは自粛しなきゃ。ということで、最終手段の「タクシーに乗り、長距離を乗る代わりに話を聞いてもらう」ことを本気で迷って、タクシーの運転手さんのタイプで決めようと、運を天に任せました。

走ってくるタクシーに手を上げて、止めると、なんと昨日乗ったタクシーと全く同じ人でした。「あれ、!昨日の乗車した人だね、奇遇だね」と言われて、思わず、これは神様のおぼしめしだ~と泣いてしまいました。

その運転手さんは、姫の家を昨日行って、知っていたので、「そういうことなら、メーター変わらないから、家の近くで止めて話を聞いてやるよ、その代わり、本音でずばずばだけどいいか?」と言ってくれました。

1時間程、色々話を聞いてもらって、アドバイスも貰って、、、
「あんたマジメすぎ。気楽にやらないと、生きていけないよ。俺も昔はマジメだったけど、還暦すぎるこの年になって、やっと、なるようにしかならないと達観できた。趣味とか友達と楽しむことが必要。左遷されたら左遷された時のこと。もうやっちゃったことはしかたなし。不将不迎。これ、司馬遼太郎の説」とおっしゃらえました。これが、軽い方でなく、非常にマジメそうな、姫以上に堅物の方だったので、重みがありました。神様が言ってくれてるような気がしました。

こういうこともあるんですね。





« 2/2 部下が泣いてしまった。 | トップページ | 姫の子供のころの最後の砦 »

今日のだめだめ~」カテゴリの記事

会社」カテゴリの記事

☆魂の成長へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神のおぼしめし?:

« 2/2 部下が泣いてしまった。 | トップページ | 姫の子供のころの最後の砦 »