« 休日の記録 | トップページ | 家政婦さん曰く2 »

2006年6月24日 (土)

家政婦さん曰く1

人が来ると、自分では当たり前と思っていても、言われて、「そうか」と気づく自分の欠点と長所がある。今度の家政婦のTさんに誉められたのは
お皿のセンスが良いということだった。
確かに、
デュラレックスのガラスカップ、
ウェッジウッドの白い平皿、
東京美術館で手に入れた柿右衛門の複製の皿だ。
台所製品は、白と木目とステンレスが基本で、それに指し色が濃いブルーだ。
何年も何人もの方をお世話している家政婦さんが言うのだからほんとだろう。
以前友達が泊まってくれた時も、
センスがあるねとか、
選び抜いたもの置いてるねとか言われたことを思い出した。
「分、分かる?」と聞いたら
「そりゃ分かるよ~」と言ってた。
彼女も目の肥えた人だから、多分そうなんだろう。

うふ。

うふふふ。

うふふのふ

« 休日の記録 | トップページ | 家政婦さん曰く2 »

自分発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家政婦さん曰く1:

« 休日の記録 | トップページ | 家政婦さん曰く2 »